圧着ハガキを使用して勝負できる広告郵便を!

配達員の女性

見知らぬ誰かに商品を紹介したい!キャンペーンを通じて会社を知って欲しい!というように、広告はモノと人を繋ぐ重要な要素です。その広告のツールとして、圧着ハガキには大きなメリットが二つあります。
一つは多くの情報を段階的に書き込めるということです。普通ハガキの広告郵便は数多くあります。けれども情報を書き込み過ぎだったり、写真や一言のみで上手く伝わらなかったり、裏面だけでは意外と大変です。しかし圧着ハガキならば、一面一面で適度な情報を段階的に表示し、テンポよく読ませることができます。読む人にとって理解しやすくすることができるのです。
もう一つは目を通す確率が高いというメリットです。皆さんはハガキを貰ったらどうしますか?必ず表の宛名を確認するはずです。サイトやチラシなら、スルーされることも多いですが、ハガキは必ず見ることになります。圧着ハガキならそれに追加して、中を見たいというインパクトを付けることもできます。情報を読んでくれる確率が高くなるのです。広告郵便一枚一枚で勝負ができる、これは重要なことだと思います。
広告に使えるツールは多いです。だからこそ有効なものを選ばなければなりません。メリットの多い圧着ハガキによる広告郵便、作成は業者に依頼すれば、簡単にできます。広告のツールが必要ならば、圧着ハガキがおすすめです。

広告郵便に圧着ハガキを使うとこんなメリットが!

ダイレクトメールなど、同じ内容で大量に作成されたはがきや手紙を広告郵便と言います。広告郵便として認められるには日本郵政にて一定の条件を満たす必要がありますが、認定されれば郵便料金の割引を受けることができます。
では広告郵便に認定されたとして、どのようなダイレクトメールを作成すれば高い宣伝効果を得ることができるのでしょうか。まず第一に手紙よりも圧着ハガキを使うことをおすすめします。なぜなら圧着ハガキにはダイレクトメールにうってつけのメリットがあるからです。例えばその形状が二つ折り、三つ折りとなっているので、通常のハガキと比べてより多くの情報を盛り込むことができます。さらに光沢のあるカラー印刷が可能なので、新商品を紹介するための写真を載せれば購買意欲を高めることもできるでしょう。もちろん圧着ハガキと言うからには、面と面が密着しているので配達先に届くまで、中の情報が第三者に漏れることもありません。
ただ圧着ハガキは湿気に弱く、水に濡れると剥がしにくくなりますので、濡れた場合は乾いてから剥がしてくださいなどの注意書きを一言入れておくのも良いでしょう。
因みにダイレクトメールを大量作成する際は専門業者に依頼すると、人件費等のコストを抑えることができます。なのでその作成は業者に依頼するとお得です。

広告郵便に使う圧着ハガキは業者に依頼しよう

広告郵便物に広く使われている圧着ハガキにはいくつかの種類があります。二つ折りのV型と呼ばれるもの、三つ折りのZ型、面の半分が開くL型、そしてもう一つが往復ハガキタイプです。V型とZ型はそれぞれの面積が通常ハガキの二倍、三倍となっているので、ダイレクトメールのようなより多くの情報を盛り込みたいものには最適です。各圧着ハガキの種類は、使用目的に応じて選ぶと良いでしょう。
さて現在、このような広告郵便物は、商品案内やキャンペーン告知、優待券や割引券のお届けなど様々な目的で使われており、企業の宣伝方法のひとつとしてなくてはならない手段です。
ただ大量に作成するとなると、手間も時間も相当かかることを覚悟しなければなりません。さらに納期に間に合わせるためには人件費だってかかってきます。その労力を考えると、作成は業者に依頼するのが得策かと思います。
ダイレクトメール作成業者では印刷だけでなく、圧着ハガキの配送まで代行してくれるところがほとんどです。広告郵便申請をしてから早ければ一週間以内、平均しても十日前後で配送してくれるので、対応もスピーディーですよね。価格は印刷部数によっても変わってきますが、だいたい百部で印刷代、郵便料金含めて三万円~四万円となっています。


最速・低価格で圧着ハガキを頼むなら【ユニオン印刷株式会社】がすすめです!宛先の印字から投稿代行までスピーディーにやってくれるのでとても信頼できる会社です!

OPEN

広告郵便申請をしてダイレクトメールのコストを削減

新製品の紹介やサービスの案内など、販促手段としてダイレクトメールを採用している企業は数多くあります。ただ宛名書きや印刷、封入作業など、ダイレクトメールが完成するまでには多くの工程があり、自社で行…